オンリーワンの命

私たち一人ひとりには表面的な違いがあろうとも、皆かけがえのない命なのです。
一人として同じ子がいない。子育てとはその一人ひとりの違いに合わせてその個性を
育てていくことなのではないでしょうか?

そう考えれば、その子が健常者であっても何らかの障害をかかえた子であってもどちらも
同じ…..難しくもありやりがいであることなのだと思います。

それぞれのご家庭に生まれてきたお子さんは、何らかの縁、そして使命があって生まれて
きたのですから、その子のためにご家庭でできることは沢山あります。

しかしながら、「ご家庭でできること」というものはどんなご家庭においても、子育ての
中でそれを見つけることが最も難しいことなのではないでしょうか?

現在日本人の出生率が1.4倍となり、一人っ子がほとんどという現状の中で、初めての
子育てする方にとどまらず、同じ兄弟姉妹でも、全く違う個性を持っているわけですから
一人ひとり対して「ご家庭でできること」は異なります。

私たちはABAという教育を通して、ご家族がお子さん一人ひとりの成長を目指し、ご家族と
一緒に奮闘しています。勿論、思うように成長できるときもあれば、全く進まないときも
あることでしょう。

発音できる音も限られ理解できる言葉も限られていることも問題行動が生活を
困難にすることもあり、コミュニケーションをどのようにとっていくかで何年
も費やすケースも沢山あります。

しかし、そうした困難はどんなお子さんにもあるわけですし、それがオンリーワン
だと考えましょう。

じっくり、しっかり、焦らずにオンリーワンのお子さんと向き合って行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です